読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Noblesse Oblige 2nd by iGCN

湘南生まれ湘南育ちだけどサーファーではありません。しぞーかじん歴4年。最近アラがとれたアラフォーのおっさんです。サザンオールスターズと加山雄三が好きです。でも横山剣さんの方がもっと好きです。

トランプ流排外主義に対する外国人医師たちの懸念(NEJMより)

自分のアタマで考えた

私の友人で、現在アメリカで医師として働いている女性がいます。ドナルド・トランプ氏が合衆国大統領に就任して以来、排外主義的な政策を次々と施策していることにに対して、彼女はアメリカで働く外国人の立場から強い危機感を覚え、外国人医師たちのデモの動きなどさまざまなな情報をFacebook上でシェアしてくれてきました。

今日彼女がFacebookでシェアしてくれたのは、New England Journal of Medicineのオンライン版に掲載されたこちらの記事です。

http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMc1616421

“Denying Visas to Doctors in the United States(アメリカで働く外国人医師へのビザを拒否することについて)"と題されたこの記事には、トランプ大統領の排外主義政策に対するアメリカで働く外国人医師たちの率直な不安が描かれていました。本文は上記のリンクから全文を読むことが出来ます。ここでは私の拙い翻訳ですが、日本語にしたものをシェアさせていただきたいと思います。

続きを読む

「ドクター・ストレンジ」観てきた(ネタバレなしオチあり)レビュー

映画 エンターテイメント

本文の最後にオチがあります。どうぞ最後まで席を離れずにお楽しみ下さい。

「ガンバとカワウソの冒険」を観に映画館に来ました、

さて

先日封切られたばかりの映画「ドクター・ストレンジ」を早速観てきたのでそのことについて語るとしよう。

日本公開:2017年

監督・脚本:スコット・デリクソン 出演:ベネディクト・カンバーバッチ、キウェテル・イジョフォー、レイチェル・マクアダムス、ベネディクト・ウォン、俺のマッツ・ミケルセン、ティルダ・スウィントン

続きを読む

ミート矢澤のサイコロコンボ弁当が旨すぎた件

グルメ 東京

さて

先日の事であるが、東京へ嫁が遊びに行ってきて帰りにミート矢澤のお弁当を買ってきてくれたのでその食レポについて語るとしよう。

ミート矢澤とは

黒毛和牛の精肉卸会社である矢澤ミートが経営するステーキ&ハンバーグ店がミート矢澤である。

西五反田に店舗を構えており、2007年にオープンするやその上質な肉質からあっという間に人気店に昇りつめた。自分も噂には聞いていたのだが、残念ながらこれまでに訪れること能わず。そもそも静岡から東京に行くだけでも大変だし。

そのミート矢澤が大丸東京のデパ地下にテイクアウト専門店を出していると言うことを先日偶然知って、たまさか嫁さんが上京すると言うのでお土産に買ってきてもらったのだった。

ミート矢澤&ブラッカウズ

大丸東京の店舗は店名を「ミート矢澤&ブラッカウズ」と言う。ブラッカウズのほうは初耳だったけど、矢澤ミートが経営している黒毛和牛ハンバーガーのお店らしい。ジュルルッ。

ミート矢澤&ブラッカウズは両店の良いとこ取りで、黒毛和牛のハンバーグもしくはハンバーガーをテイクアウトで楽しめると言うことのようだ。しかも、嫁さんが言うことには注文を受けてから厨房で焼いて調理をしていたとのこと。ジュルルッ。

サイコロコンボ弁当

能書きはこれくらいにして、実食レポと行きましょうか。今回お願いしたのは、ハンバーグとサイコロステーキがコンボになった、その名も「サイコロコンボ弁当」、そのお値段2880円(税込み)である。タッカー!。

サイコロコンボって名前がなんだかサイココロンボと言い間違いそうで、「いや、うちの嫁さんがね、東京へ行くって言うからサイココロンボ弁当をお願いしたんですよ」って小池朝雄の声色で真似してしまうわ。サイコなコロンボ刑事、怖過ぎだろ。

閑話休題。

お弁当の外箱がこちら。なんだか高級感があるわ。

https://miil.me/p/9v3e2

蓋を開けたところ。

https://miil.me/p/9v3eh

握り拳大のハンバーグに付け合わせのコーン、ブロッコリー、マッシュポテト、人参。ライスの上にサイコロステーキがまぶしてあるけど、こちらはサイコロと言うよりはプレート、と言うか、要するに薄いステーキを小さくカットして載せてあるだけ。

ハンバーグのほうは中身は少し赤身が残るくらいの焼き加減で柔らかく肉の旨味がジュゥジュゥと溢れ出てマイウーでしたわ。サイコロステーキの方は、サイコロではなくてたんなる細切れのステーキだったのでちょっとガッカリ。脂の乗った柔らかい部分もあれば、ちょっと筋っぽい肉もあって、バラつきがあったな。次回は単なるハンバーグ弁当を買うでよいのではないかと思った。

さいごに

ハンバーグは実に美味しかったので、是非リピートしたい。お弁当はその場で調理していると言うことだったから、今度は焼き上がり直後のものを食べたいところ。

ちなみに同店で最も高額な弁当は、極味弁当(きわみべんとう)9980円(税込み)で、サーロインステーキ、シャトーブリアンステーキ、黒毛和牛ハンバーグと言う内容。勇気とお金のある方は是非お試しあれ。

では

ミート矢澤アンドブラッカウズ 大丸東京 テイクアウトステーション弁当 / 東京駅日本橋駅京橋駅
昼総合点★★★★ 4.5

「穢れ」の本質

自分のアタマで考えた

f:id:iGCN:20170125174118p:plain

あるお寺の住職と檀家の会話

住職:虫歯が出来たもんで、先日歯医者に行ってきたんですよ。

檀家:えぇ、歯医者に。

住職:キュンキュンキュリキュリ虫歯を削ってもらいましてね、何度も通って、ようやく銀歯を被せて治療終了と言う日になりまして。

檀家:キュンキュンキュリキュリって、その擬音語痛そうだな。

住職:虫歯があったのが奥歯だったんで、先生が「大きく口を開けて下さい」って言うので頑張って口を開けてたんですが、先生も奥のほうでやりづらかったのか、時間がかかりましてね。

檀家:ええ

住職:いい加減アゴが疲れてきまして思わず口を閉じてしまって、ガブッと先生の指に噛みつく形になってしまったんですよ。

檀家:歯医者も大変だな、おい。飼い犬にも手を噛まれたことないだろうよ。

住職:先生もビックリしたんでしょうね、持っていた銀歯を私の口の中で落としてしまいまして。それがノドの奥にポロッと転がってきたもんで、私もうっかりしてそれを飲み込んでしまったんですよ。

檀家:銀歯を飲み込んだ、そらぁ大変だ。

住職:大変だと思いますでしょう?でも先生は落ち着いたもので、「銀歯を飲み込んでしまうことはよくあるんですよ*1」なんておっしゃるんですよ。

檀家:よくあるって、、、そんな歯医者行きたくないねぇ。

住職:先生がおっしゃるには、「これから3日間、便をふるいにかけて裏ごしして銀歯を探して下さい」って。

パール金属 粉ふるい ストレーナー 15cm ステンレス EEスイーツ 日本製 D-4723

パール金属 粉ふるい ストレーナー 15cm ステンレス EEスイーツ 日本製 D-4723

檀家:裏ごしって、、、キューピー3分間クッキングじゃあるまいし。

住職:先生に言われた通りに、便が出る度にふるいにかけて探しましたら、二日目の晩に出てきたんですよ。

檀家:そら良かった。と言いたいところだけどねぇ。

住職:で、ウンコと一緒に出てきた銀歯を先生のところに持っていったんです。もちろんウンコがついたままじゃぁ失礼だから、よく洗って持っていきましたよ。

檀家:ウンコ付きの銀歯なんて捨てちまえよ。

住職:そしたら驚くじゃないですか、先生はその、ウンコと一緒に出てきた銀歯を口にはめるって言うんですよ。

檀家:いやいや、よく洗ったって言っても嫌でしょ、それ。

住職:汚いですが、ウンコと一緒に出てきた銀歯をきれいになるまでよく洗います。その後その銀歯を口の中にはめてごはんを食べる。この時に感じてしまう心理的抵抗が『穢れ』の本質なんです。ウンコが銀歯に残ってなくても感じてしまう。この『穢れ』が様々な差別につながってきた。

檀家:おっさん、なんだい薮から棒に。

住職:これが「穢れ」の本質なんです。

檀家:おっさん、その話、コップとおしっこの話のパクりやろ。昔からよくあるコピペじゃねーか。

住職:・・・・・・

檀家:しかも元ネタを辿っていくと、ひろさちやさんに行き着くらしいで*2*3。未確認情報やけどな。

住職:バレましたか?

檀家:バレバレやで。もうええわ。


関連記事:

【福島】鶏けんで焼鳥三昧マイウーな一夜

グルメ 旅行

さて

先日の事であるが、所用で福島へ行ってきた。その際に訪れた焼鳥店が実にマイウーであったのでそのことについて語るとしよう。

お店の名前は鶏けん。福島駅の東口から徒歩3分ほど、繁華街の一画の小さな小さな建物、というか大きさ的にはコンテナ程度のスペースがお店になっている。

店に伺ったのは週末の19時過ぎと、店にとっては一番混雑しそうなタイミングであったが、幸いと席に空きがあったのでお邪魔させていただくことに。

大人な雰囲気の焼鳥店

店は先ほど述べた通り決して広くはなく、焼き場を囲むようにコの字型のカウンタ席が12席。席の裏側もほとんど空きスペースがなくてすぐに壁になっているから、奥の席のほうに行こうと思ったらいちいち先客に少しずれてもらわないといけないだろう。

狭い焼鳥屋と言えば何と言っても渋谷の鳥福を思い出してしまうが、あちらよりはもう少しスペースはあるのだけども。

店内は全体にダークトーンの内装で、仄暗い照明とあいまって大人な雰囲気を演出している。

席に座ってメニューをみると、1人客の場合は1本から、2人客の場合は2本からオーダーをお願いしますとあった。1人客でも2本からオーダーを要求する焼鳥店も多いから、これは実にありがたい。ちなみに串の単価は300円前後のモノが多く、ややお高めと言えよう。

メニューが豊富なので迷っていたところ、店員さんが気を使ってくれて「お任せで焼くことが出来ます」と言ってくれたので、お任せでやってもらうことにした。

と言うわけで、以下はいちいち記録のためにiPhoneで鶏もとい撮りMiilにアップした写真に雄弁に語っていただくことにしましょう。

続きを読む