てんぷランチ@成生

さて

久しぶりに「てんぷら 成生」へ行きたいなぁと思い予約の電話をしたところ、夜は早い時間帯がいっぱいとのことで。ランチも対応して頂けるとのお話を頂いたので、ランチで行ってきましたわ。

前回の訪問記はこちら

てんぷら成生、親の敵 - Noblesse Oblige 2nd by iGCN

ランチについては前日までに要予約とのこと。予約があれば店を開けると言うことであり、当然のこと貸しきりだった。

ランチとは言っても、夜と変わらない分量の天ぷらをじっくりと時間をかけて供して頂けるので有り難い。

カウンタ式の料理屋って、料理人の食材の扱い方や、包丁さばき、調理の一挙手一投足を目の前で見ることが出来て、個人的にはとても楽しい。一流の職人の手さばきは無駄がなくて美しいと思う。

天ぷらを揚げる鍋が二種類あって、温度の差があるようなんだけれども、食材によって使い分けるんだろうなと思っていたら、まぁその通りなんだけど、その二種類の鍋の間を行ったり来たりさせながら(つまり温度を変えながら)揚げているのが印象的だったな。

今日頂いたのはどれも勿論美味しかったけど、なかでも新玉葱とタケノコが素晴らしかった。あ、あとアナゴとアナゴの骨の素揚げも。太刀魚も美味しかったぞ。

野菜は全て地の物を使っていると言うし、魚も今朝獲れたての物と言っていた。これぞ地産地消ですな。静岡へ越してきて良かったなと思う瞬間であった。

前回と同じく、親の敵にでも会ったように揚げるそばからかぶりつくようにして食べたので、天ぷらの写真はありません。あしからず。

かわりと言ってはなんですが、店の看板の写真を貼っておきます。

f:id:iGCN:20150314174111j:plain

では