映画「シン・シティ」観た on DVD

さて

TSUTAYAで借りてきたDVDシリーズ、「シン・シティ」を観たのでそれについて語るとしよう。2005年公開、監督:ロバート・ロドリゲス、フランク・ミラー、クエンティン・タランティーノ。出演:ブルース・ウィリス、ミッキー・ローク、ジェシカ・アルパなど。

シン・シティ [Blu-ray]

シン・シティ [Blu-ray]

TSUTAYAに行ったら新作DVDのコーナーに本作の続編、「シン・シティ 復讐の女神」のDVDが面陳されており、その片隅に前作として置いてあったので借りてきたのだ。

予備知識なしに観たので知らなかったのだけど、この映画、実はオムニバス作品だった。1本の映画の中に3つのエピソードがある。

特に最初のエピソードはほんの数分で終わってしまった(正確に言うと、Ep3.>1.>2.>3.の順で上映される。Episode3は前後編に分かれている)ので、2話目のエピソードが終わって「あぁ、この映画はオムニバスなんだ」って気付くまでは混乱しまくっていた。

あらすじ

Episode 1.

f:id:iGCN:20150713163851j:plain

怪力で醜い風貌の大男マーヴ(ミッキー・ローク)が主人公。娼婦のゴールディと一夜を過ごし、彼女にほれ込んでしまうのだが、朝目覚めるとゴールディは殺されていた。
マーヴはゴールディを殺した犯人への復讐を誓い、強引なやり方で犯人探しを始める・・・。

Episode 2.

f:id:iGCN:20150713163918j:plain

ドワイト(クライヴ・オーウェン)は交際相手にしつこくつきまとうジャッキーボーイ(ベニチオ・デル・トロ)を追い返す。ジャッキーは腹いせに娼婦街へ繰り出すが、娼婦街で女にちょっかいを出したのをきっかけに、街の殺し屋(デヴォン青木)に惨殺されてしまう。
実はジャッキーは警察官であり、事態を重く見たドワイトは街の外にジャッキーの死体を捨てに行こうとするのだが・・・

Episode 3.

f:id:iGCN:20150713163935j:plain

老刑事ハーディガン(ブルース・ウィリス)は病気退職を目前に控える身だったが、連続幼女誘拐殺人犯から少女を守るために相棒と監禁場所に乗り込んで行く。しかし犯人逮捕黙然で相棒に裏切られ、逆に殺人の容疑をなすりつけられ投獄されてしまう・・・。

というお話だ。短くまとめたつもりだが、3話分あると長いな。

スタイリッシュな映像だが残虐描写が目に付く

f:id:iGCN:20081201172328j:plain

本作の映像表現はなかなか独特で。

基本白黒の画像の中で、例えば女のドレスとか口紅とか、ベッドのシーツとか、原色の赤の部分のみ色が付いて強調されていると言う画面の作りになっている。最初観たときは驚いたけど、だんだんと慣れてきた。

もともとコミックが原作と言うこともあってか、エッジの効いた映像表現は嫌いではない。

シン・シティ1

シン・シティ1

しかし、本作は残虐描写がちょっときつかったな。やはりコミック原作と言うのが影響しているのかも知れないけど、首をぶった切ったり手足をぶった切ったり。

食人殺人鬼役で登場するイライジャ・ウッド(!)なんて、ひどい殺され方をしていたよ。白黒だから耐えられたけど、普通の映画だったら目を背けるシーン。

豪華キャストに目を見張る

先ほどからちらちらと出演者の名前を挙げているけど、この映画、出演キャストが豪華過ぎる。

以下に名前と代表作をつらつらと挙げて行くと、

  • ミッキー・ローク:ナインハーフ、レスラー、アイアンマン2
  • ブルース・ウィリス:ダイハードシリーズ、シックスセンス
  • クライヴ・オーウェン:インサイド・マン、シューテムアップ
  • イライジャ・ウッド:ロード・オブ・ザ・リング3部作、ホビット3部作
  • ベニチオ・デル・トロ:21グラム、チェ 28歳の革命/39歳 別れの手紙
  • ジェシカ・アルバ:マチェーテ
  • マイケル・クラーク・ダンカン:グリーンマイル
  • ルトガー・ハウアー:ブレードランナー

などなど。

ふぅー。疲れたぜぇ。

何が言いたいかと言うと、ジェシカ・アルバがセクスィーだということだ。

f:id:iGCN:20050217072817j:plain

まとめ

残虐描写に目をつむれば映像表現は面白いし、豪華キャストの競演も楽しめるし、まぁ面白いっちゃぁ面白いんだけど、観る人を選ぶ映画。

75/100点

では