芸能人同士の結婚報道は男女同格であるべきなのでは

さて

今日は大きな芸能ニュースが飛び込んできましたな。

www.oricon.co.jp

どこのサイトの記事を読んでも、タイトルは「福山雅治、吹石一恵と結婚」と福山雅治が主語になっているけど、隠れフッキー(吹石一恵)ファンの俺としては、「吹石一恵が福山雅治と結婚」のニュースだ。くやしー。

ここで唐突に日本国憲法を引用すると、

第24条 婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない。

とある。

これはまさに同性婚が日本で認められていない法的根拠でもあるのだが、「夫婦が同等の権利を有する」とある通り、結婚の主語は男女同格であるべきなのではないだろうか。

つまり、

福山雅治と吹石一恵が結婚

もしくは

吹石一恵と福山雅治が結婚

であるべき。

各ニュースサイトをざっと見たところ、日刊スポーツ、朝日新聞、毎日新聞は両者同格の扱いとして報じていた。

www.nikkansports.com

www.asahi.com

mainichi.jp

マスコミ各社には、男女同権の理念に基づいた言葉遣いで報道して欲しいものである。

というわけで、自分が何を言いたいかというと、










福山雅治、めっちゃ羨ましぃーぜ!


である。

お後がよろしいようで。

では


FUKIISHI―吹石一恵写真集 (ヤングサンデーブックス)

FUKIISHI―吹石一恵写真集 (ヤングサンデーブックス)