アメリカに1年住んだら足腰が鍛えられた嫁の話

f:id:iGCN:20121021034107j:plain

さて

ニューヨークでウンコを漏らしたエピソードについての増田を読んだ。爆笑モノの記事なので、まだ読んでいない方は御一読頂きたいところ。

NYの中心でうんこ漏らした このエントリーをはてなブックマークに追加

自分もかつてアメリカに仕事で1年ほど住んでいたことがあるので、アメリカのトイレ事情について少し述べてみたい。

アメリカには公衆トイレがない

日本の都市部だとそこかしこに公衆トイレがあるし、コンビニが数百メートルおきに建ってたりするので突然の便意にも困ることは少ないだろう。だが、そもそもアメリカにはほとんど「公衆トイレ」と言うものがない。これは犯罪に悪用されることを恐れているのだろうと思う。

自分も増田と同じようにニューヨークの中心でウンコが漏れそうになって、内股で早歩きになりながら必死でトイレを探したことがある。ちょうどランチ時だったので何食わぬ顔をしながらレストランに駆け込んでトイレを済ませて、そのままその店で食事をした。今でも家人からこの時のことをいじられるので困っているが。

日本のトイレは恵まれ過ぎ

そもそも日本のトイレ事情は恵まれ過ぎだと思う。日本の公共施設にある一般的なトイレの標準装備として

  • 便座クリーナー(もしくは便座シート)
  • ウォシュレット
  • 音姫

などがあるだろう。定期的に掃除がされていて清潔だし、定期的にぺーパー類が補充されて、切れているということはめったにない。

いちどブルックリンのカフェでトイレを借りたことがあるのだが、その時は床や便座にまで糞便がくっついてて(本当だよ!)、オイラは小用だったから立ったまま済ませて出てきたけど、女性はどうするのかなと心配になったことがあるわ。

足腰が鍛えられた嫁の話

話題を表題に戻すと、そんなアメリカで1年暮らした嫁。アメリカのトイレは当然ながらいわゆる「洋式」便所で、便座に腰掛けて用を済ませるタイプのものになっている。前述の通り決して清潔とは言えないアメリカのトイレ事情に恐れをなした嫁は、便座に触れることなく中腰の体勢で用を済ませるという技を編み出したのだ。便座から1cmほど腰を浮かせた状態をキープするという。

映画「ドランクモンキー 酔拳」のジャッキー・チェン状態といえば分かりやすいだろう。

f:id:iGCN:20170528093224j:plain

最初のうちこそ「お尻がプルプルする」と言っていたが、後半になるとなんの苦もなく用を済ませられるようになった模様。トレーニングの成果が出たのだろうww。

オイラはさすがにそこまで気にしていなかったので、ペーパーで軽く便座をぬぐってから座って用足ししていたけど。

さいごに

日本のトイレは本当に清潔で、世界に誇るべき美点だと思っている。

では


「酔拳」「蛇拳」製作35周年記念限定3枚 [Blu-ray]

「酔拳」「蛇拳」製作35周年記念限定3枚 [Blu-ray]