映画「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」観た@Amazonプライム

f:id:iGCN:20170624234700j:plain

さて

映画「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」をAmazonプライムで観たのでそのことについて語るとしよう。

日本公開:2015年
監督:クリストファー・マッカリー
脚本:クリストファー・マッカリー
出演:トム・クルーズ、ジェレミー・レナー、サイモン・ペグ、レベッカ・ファーガソン、ヴィング・レイムス、ショーン・ハリス、アレック・ボールドウィンなど

あらすじ

本作のあらすじは

IMFのエージェントであるイーサン・ハントは謎の犯罪組織「シンジケート」の正体を探る調査を進めていたが、当の「シンジケート」に拉致されてしまう。ハントは拷問を受けるものの、敵の一員である謎の美女に助けられて脱出に成功する。その後も調査を続けるうちに、「シンジケート」の正体を掴んだハントは組織を壊滅させるべく戦いに挑む、、、

というようなお話だ

驚愕のアクションシーンに目が点状態

本作はトム・クルーズ主演の大人気映画「ミッション・インポッシブル」シリーズの第5作目に当たり、前作「ゴースト・プロトコル」の続編にあたる。作を追うごとにスケールアップしていくアクションシーンがやはり最大の見所だと思う。

本作で言えば、予告編等々で何度も繰り返し観た飛行機の側面ドアにトム様がしがみついているシーン(本記事冒頭の画像のシーン)は、メイキング画像を見ると実際にトム様がドアにしがみついた状態で飛行機を飛ばして撮影されたようだ。当然特撮だろうと思っていたから実に驚いた。

こんなド派手なアクションシーンが映画の冒頭に挨拶がわりに出てくるもんだからすっかり夢中になって観てしまったわ。後半のバイクチェイスシーンも最高だった。ノーヘルで山道をトム様が疾走するのだけど、これもメイキング画像を見たらトム様自身がバイクを運転していた。俺の中で「マトリックス/リローデッド」のハイウェイバイク逆走シーンに匹敵する出来だった。

エロカッコイイヒロインのレベッカ・ファーガソン

f:id:iGCN:20170625084609j:plain

本作のヒロイン、イーサン・ハントの味方になったり裏切ってみたりとなかなか真意の読めない謎の美女を演じたのがスゥエーデン人女優のレベッカ・ファーガソンだ。

アクションのキレも良いし、バイクスタントもこなしていてすごい人が出てきたもんだと思ったわ。

写真の狙撃シーンでは露わな太ももを披露してくれたり、後半では水着シーンもあったりしてファンサービスに余念がなさすぎる。

「知りすぎていた男」オマージュ

f:id:iGCN:20150902073520j:plain

本作の前半の見せ場は、ハントたちがオーストリア首相の暗殺計画を察知してそれを阻止しようと活躍する場面。ウィーンの国立歌劇場にオペラ観賞に訪れた首相を狙撃すべく暗殺者たちがやってくるのだが、これ見よがしに譜面の長音符の上に印がつけられたのを写すシーンがあって、なるほどこの音が大音量で鳴るときに発砲して狙撃音を隠そうという計画なのだなと分かる仕組み。

この説明を読んでピンときた方はなかなかの映画通だと思うのだけど、これってまんまヒッチコックの「知りすぎていた男」のクライマックスシーンと同じネタなんだよね。

f:id:iGCN:20111209122540j:plain

「知りすぎていた男」ではやはり首相がアルバート・ホールに演奏会に訪れて、楽曲中のシンバルがジャーンとなる時に合わせて狙撃しようとする、それを阻止するジェームズ・ステュアート!というお話なのだ。

知りすぎていた男 (字幕版)

知りすぎていた男 (字幕版)

中国へおもねり過ぎ問題

最近のハリウッド映画は中国市場を当て込んでいるというのもあるし、実際に中国資本が入り込んで製作されているというのもあると思うのだけど、中国へおもねった内容の作品が多い気がする。

↓例えばこの作品とか↓
終戦記念日に映画「インディペンデンス・デイ:リサージェンス」を観てきた:ネタバレあり感想 - Noblesse Oblige 2nd

本作で言えば、先ほど紹介した歌劇場での暗殺未遂シーンで劇場にかかっている演目が「トゥーランドット」で。「トゥーランドット」というと名アリアの「誰も寝てはならぬ」(トリノオリンピックで金メダルを獲得した荒川静香選手が使った曲)がつとに有名だけども、実はこのオペラは中国が舞台になっている。映画中でも中国風の衣装を着た役者が舞台上で歌うシーンが映されているし。

あとはみんな大好きサイモン・ペグ演じるベンジーがCIA内で尋問にかけられるシーンがあるのだけど、その時に嘘発見器を操作する職員という割とどうでもいい役にこちらの中国人女優が配役されている。

f:id:iGCN:20170625110048j:plain

チャン・ジンチューという人らしいけど、CIA職員にいきなり中国人が出てくるので違和感あった。正味30秒くらいしか出番ないし。中国市場向けの配役としか俺には思えなかったし、実際こちらの記事にも同様の指摘があったわ。

Yup, Chinese star Zhang Jingchu was in ‘Mission: Impossible’… for 30 seconds

さいごに

さすがはトム様、さすがはミッション・インポッシブルという最高のアクション映画だった。2018年に公開予定の次作にもレベッカ・ファーガソンが出演するようなので、今から楽しみである。

90/100点

では