読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Noblesse Oblige 2nd by iGCN

湘南生まれ湘南育ちだけどサーファーではありません。しぞーかじん歴4年。最近アラがとれたアラフォーのおっさんです。サザンオールスターズと加山雄三が好きです。でも横山剣さんの方がもっと好きです。

Morningress LSD

さて

気候も暖かくなってきたし、花粉症も落ち着いてきたので久しぶりに走りに行ってきた。3月の静岡マラソン以来、久しぶりのジョギングだ。今回は、より脂肪を燃焼させるためにLSDに取り組んだ。LSDとは合成麻薬のことではもちろんなくて、

  • Long
  • Slow
  • Distance

の頭文字をとったもので、長時間、ゆっくり、長距離を走ると言うトレーニング法である。

先日読んだ、岩本能史氏の「型破り マラソン攻略法」ではLSDには否定的な意見が述べられていたが、一方で

LSDのようにゆっくりと走ることが必要なランナーがいるとしたら、それは初心者ランナーや休養明けのランナーたちです。彼らは速いペースで走れませんが、LSDのように超スローペースで走っているとランニングしようの体に変身できます。これを僕は「ランナー体質」と呼んでいます。 (P52)

と述べられていた。自分はまさに初心者かつ休養明けランナーなので、LSDをやるのがよいだろうと判断。LSDのペースについては、1キロ7分半から8分というスローペースが推奨されているようなので、このペースを目標とした。

igcn.hateblo.jp

早朝空腹時が効果的

先日大学の先輩がFBで書いていたのだが、早朝起床後の空腹時にジョギングすることで脂肪燃焼を効率良くできるとのこと。その際にカルニチンとカフェインとビタミンB1を摂取してからジョギングするのが肝らしい。詳しい生理学的考察については割愛。

DHC カルニチン 60日分 300粒

DHC カルニチン 60日分 300粒

ということで、今朝は起床してすぐにカフェイン(ブラックコーヒー)を1杯飲んでからジョギングに出ることにした。

せっかくなのでIngress朝活動と組み合わせてみた

今回は、せっかくジョギングに出るのだからと、Ingress活動を同時にやってみた。ある程度のペースで走る場合は、iPhoneは腕に巻き付けるタイプのケースに入れたまま、Nike+アプリで走行のログをとっていたのだが、今回は超スローペースで走ると言うことで、iPhoneを手に持ったまま走ってみた。

ポータルを攻撃したり、あるいはリンクを貼ったりと言う作業は足止め時間が長くなりすぎるので、走行中にポータルで一瞬立ち止まり、hackだけして次のポータルまで走ると言うことを繰り返した。

Nike+ Running

Nike+ Running

  • Nike, Inc.
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料

Ingress

Ingress

  • Google, Inc.
  • ゲーム
  • 無料

単に走るだけだと正直つまらないし途中で飽きてきてしまうのだけど、Ingressと組み合わせることで飽きることなく走り続けられたのが良かった。

キロ8分のペースで走るのは予想以上に大変だった

キロ8分というとかなりのスローペースだから、簡単に走れるだろうと思っていたらこれが大間違いで、ペースを守って走るのがなかなか難しかった。調子が出てくるとついついペースが上がってしまい、あっという間にキロ6分くらいの速度になってしまう。

ランニングをする人は誰でも「自分が気持ちよく走れるペース」があると思うのだが、気を抜くとついついそのペースになってしまうのだ。自分の場合はそれがキロ6分弱くらいのペース。

キロ8分のペースは、早歩きからもう少しペースを上げて走るか走らないか程度のペース。言葉をかえて言えば、フルマラソンを初めて走った初心者が35キロ過ぎでブレーキがかかってしまい、「走るのやめようかなどうしようかな」と思案しながらも何とか走り続けているくらいのペースだ。

ついついペースが上がりそうなのを戒めながら走り続けたが、スローペースで走ると脂肪燃焼が実感できて、良い汗をかくことが出来た。

結局、今日は6.37kmを50'22"、キロ7'54"というペースで走りきった。

まとめ

やはり早朝の血糖値が低いタイミングで走ったので効率良く脂肪が燃焼できたのだろう。
朝、Ingressしながら、LSDをする。これをMorningress LSDと名付けたい。

是非習慣づけたいものだ。

では


はじめよう! Ingress(イングレス) スマホを持って街を歩く GoogleのAR陣取りゲーム攻略ガイド できるネットeBookシリーズ

はじめよう! Ingress(イングレス) スマホを持って街を歩く GoogleのAR陣取りゲーム攻略ガイド できるネットeBookシリーズ