三方一両損の数学

さて

大岡越前守の名裁きの一つとして、「三方一両損」という有名な話がある。

左官金太郎が3両拾い、落とし主の大工吉五郎に届けるが、吉五郎はいったん落とした以上、自分のものではないと受け取らない。大岡越前守は1両足して、2両ずつ両人に渡し、三方1両損にして解決する。

というお話。

これを数学的に一般化するとどうなるかというのが本日のネタ。

n+1方x円損を考える

m円のお金があり、その所有権をn人が争っているとする。

ある親切な人(三方一両損における大岡越前)がx円を提供したとして、m円を独り占めした時と、m+x円をn人で分割した時の差額がx円に等しければ、n+1方x円損となる。

これを数式に起こして解くと、

m-\frac{m+x}{n}=x
mn-m-x=nx
(n+1)x=m(n-1)
x=\frac{m(n-1)}{n+1}

となり、mとnが与えられれば、xを求められることになる。

三方一両損の場合は、m=3、n=2であるから、

x=\frac{3(2-1)}{2+1}=1

で、大岡越前が1両を提供すれば解決するとわかる。

フミコフミオ家の遺産相続争いの場合

三方一両損を一般化しようという試みの発端になったのが、昨日バズっていたみんな大好きはてなブロガーのフミコフミオ氏のこちらの記事。

祖母が遺した休眠口座をめぐって親族が醜い争いをしています。 - Everything you've ever Dreamed

詳細は読んでいただくとして、フミコフミオ氏の祖母が残した15000(端数覗く)の遺産を母・伯父・叔母の3人が争っているという状況。

先ほどの数式に当てはめれば、m=15000、n=3となるのでこれを解くと、

x=\frac{15000(3-1)}{3+1}=7500

となる。

資金提供者が増えた場合は?

これだけだと面白くないので、資金提供者が増えた場合を考える。親切な人物がy人現れて資金提供を申し出たとすると、資金の総額はm+xy円となるので、

m-\frac{m+xy}{n}=x
mn-m-xy=nx
(n+y)x=m(n-1)
x=\frac{m(n-1)}{n+y}

と解ける。

フミコフミオ氏の例で奥様にも資金提供を依頼できたとすれば(y=2)、

x=\frac{15000(3-1)}{3+2}=6000

となる。

15000 + 6000 x 2 = 27000を3人で割って9000。

15000からは6000の損という計算。

もしもフミコフミオ氏がクラウドファンディングに成功したら?

遺産相続争いを円満に解決するため、フミコフミオ氏がクラウドファンディングで97人の資金提供者を集めることができたとすると、

x=\frac{15000(3-1)}{3+97}=300

となる。

15000 + 300 x 97 = 44100を3人で割って14700。

15000からは300の損という計算になる。

さいごに

人間誰しもお金が絡むと醜い面を見せてしまうもの。

大岡越前も1両損と言いつつ、ちゃっかり経費で落としているかもしれず、善意から自腹を切る人なんでいるんでしょうかね。

では


大岡越前 第一部 [DVD]

大岡越前 第一部 [DVD]

1000円分の切手の買い方、Pythonで教えます

f:id:iGCN:20190610183813j:plain

さて

1000円分の切手を買ってきてとインターンの学生に指示したところ、1000円切手を1枚買ってきたというほっこりエピソードがTwitterで話題になっています。

ではインターン学生はどのように1000円分の切手を買ってくればよかったのでしょうか?

Pythonを使って答えてみようと思います。

続きを読む

Apexレンタル館でカメラレンズを借りてみた

f:id:iGCN:20190405054057j:plain

さて

私が現在愛用しているデジカメは、Panasonicのマイクロフォーサーズの名機GX7-MK3である。

パナライカが付属する単焦点レンズキットを買って、15 mmの広角撮影をもっぱら楽しんでいたのである。私のデジカメ遍歴の中で最も長く愛用していたのがGR digial IIだったので、ちょうど同じくらいの慣れ親しんだ画角が私には使いやすいレンズである。あまりレンズには詳しくないので、偉そうなことは言えないけど、さすがライカ!という写りをしてくれて、素人なのに写真が上手くなった気にさせてくれる。

望遠レンズが欲しくなった

そんな単焦点ライフを楽しんでいた私に、どうしても望遠レンズが必要になる事態が発生した。うちの娘っこが近所の神社の「稚児行列」に参加することになったのである。昔ながらの装束を身にまとった子供たちが、街中を練り歩くイベントである。

この姿をどうしてもカメラに収めたくて、しかし単焦点の広角レンズでは離れた距離から撮影するのは困難だから、中望遠レンズが欲しくなった。

1本目のレンズがパナライカだったので、せっかくだからパナライカで揃えたいなと思い、LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mmに狙いを絞り、価格コム等で調べてみたのだが、最安値でも8万円を超えていて ちょっと気軽には買えない値段。

そこでふと思い立って調べたところ、レンズをレンタルできるサービスがあると知り、今回利用してみたのである。

Apexレンタル館

f:id:iGCN:20190419210329j:plain

ビデオカメラとデジカメのレンタルはレンタル館

レンタル館を選んだのは、単純に私が借りたかったレンズの在庫があって、短期間の借り出しができるという理由。それと、借り出し・返却ともに宅配便で可能という点である。

基本的な手続きは全てWebサイト上で完結して、初回だけは本人確認(住所確認)のため免許証などの証明書の画像をサイト上からアップする必要がある。

レンズレンタルは最短1日(当日返却)からレンタル期間を選べるが、宅配便での受け渡しの場合は最低2泊3日からのスタートになる。

f:id:iGCN:20190419212616p:plain

私が借りたかったレンズは2泊3日で7000円という値段設定だった。8万超えのレンズを7000円で使えると思えば安いもの(?)だ。なお、レンズは使用開始日の前日には届くことになっており、さらに最終日の24時前までに発送手続きを完了すれば良いことになっているので、2泊3日とはいえ実質的には3泊4日なのである。

クロネコさんが運んでくれた

レンズはクロネコさんが運んできてくれた。箱は返却時にも使用するので、くれぐれも乱暴に開けないようにしたい。

中には厳重に緩衝材で守られたレンズ本体と、レンタルガイドブック、内容物のチェックシートなどが入れられていた。

f:id:iGCN:20190405065025j:plain

早速愛機に装着してみる。小型機のGX7MK3にはやや大ぶりでバランスが悪い気もするが、さすがはマイクロフォーサーズ規格、手にとってみれば重さはさほど気にならないのである。

f:id:iGCN:20190405054057j:plain

このレンズを使って思う存分撮影させてもらった。

作例をあげようと思ったけど・・・

やめておきます。

と思ったけど1枚だけ上げておきます。

f:id:iGCN:20190403120411j:plain

返却は元の箱に戻すだけ

使い終わったレンズは元の箱に戻して、内容物に不足がないかチェックシートでチェックをして、箱に同梱されている返却用梱包テープを使って封をして、これまた同封されている返却用の宅配便伝票を貼り付けてコンビニに持ち込んで発送するだけ。

超簡単。

レンズが先方に届き次第返却確認メールが届くので、これにて手続き完了である。

さいごに

一眼レフカメラのレンズって買うと高いし、仲間がいれば貸し借りとかもできるのかもしれないけど私にはそういうお友達がいないので、今回利用したレンズレンタルサービスは大助かりだった。

もちろんマイクロフォーサーズ以外にも各種マウントのレンズが豊富に取り揃えられているので、あらゆるニーズに対応してくれそう。

カメラ本体のレンタルもあるので、試してみたい機材がある人は、どうぞご利用くださいませ。

では

ビデオカメラとデジカメのレンタルはレンタル館

映画「クリード/炎の宿敵」ネタバレ感想:歴史は繰り返す、しかし賢者は歴史に学ぶ

f:id:iGCN:20190211094436j:plain

さて

1月11日に日本公開になった映画「クリード/炎の宿敵」(以下「クリード2」とする)を観るために、これまで時間をかけてロッキーシリーズ全作を見直すという大事業に取り組んできた。

シリーズ全作を見なおして、さらに前作の「クリード チャンプを継ぐ男」((以下「クリード1」とする)も見なおして、ようやく「クリード2」を観に行く準備が整ったと考え、すでに公開から1ヶ月を経て遅ればせながら観てきた次第。

鑑賞直後の感想ツイートがこちら。

いやーシリーズ全作見直して本当に良かったわ。

監督:スティーヴン・ケープル・Jr.
脚本:シルヴェスター・スタローン、チェオ・ホダリ・コーカー
出演: マイケル・B・ジョーダン、シルヴェスター・スタローン、テッサ・トンプソン、ウッド・ハリス、、ドルフ・ラングレン、フローリアン・ムンテアヌ、ブリジット・ニールセン
上映時間:130分

続きを読む

映画「ロッキー」シリーズ全作感想まとめマラソン

ロッキー@フィラデルフィア美術館

さて

来たる2019年1月11日に待望の映画「クリード 炎の宿敵」の公開を控えてにわかに私の中で「ロッキー熱」が高まっています。ちょうどいいタイミングでAmazon Primeの1ヶ月無料お試しキャンペーンに申し込むことができたので、映画公開までの間にロッキーシリーズ全作を一気に見てしまおうと考えました。「ロッキー」は折に触れて見返しているし、他の作品も全作鑑賞済みですが、折角の機会なのでね。

「クリード2」はアポロ・クリードの息子アドニス・クリードが、父をリングで殺した宿敵イワン・ドラゴの息子と因縁の対決をする話になっています。アポロ対イワンの対決、その後のイワン対ロッキーの死闘が描かれるのは「ロッキー4/炎の友情」なので、少なくともそこまで見ておけば「クリード2」の予習としては十分かと思いますが、できればその後の5、6そして「クリード」までは見返したいと思っています。

1作品鑑賞するごとに記事を更新していくつもりです。あらすじも感想もネタバレ全開でいくので、そこんとこよろしく。

それでは

いっくぞー

続きを読む

炭焼きレストランさわやかは「マイクロフォーサーズ」で食え!

f:id:iGCN:20181203213551j:plain

さて

当ブログでも何度か取り上げている、静岡県限定のファミリーレストランチェーン「さわやか」である。

表面はカリッと焼き上がっているのに切ってみると中身は半生という絶妙の焼き加減で提供されるハンバーグと、目の前で店員さんがハンバーグを半分に切り、焼けた鉄板にギュウギュウ押し付けてさらに上からソースをかけてバチバチジュゥジュゥとソースが飛び散りまくるのを手元の紙製のテーブルマットで防御するというエンターテイメント要素が売りである。

続きを読む

"Cutaway"でグーグル画像検索すると輪切り図がいっぱい見られてワクワクする話

f:id:iGCN:20180926153342j:plain

さて

またまたタイトルで出落ち感のある話ではありますが、"cutaway"でグーグル画像検索するとワクワクするってお話。

続きを読む

SOLEIL「太陽がいっぱい」は名曲だけどググラビリティが低すぎる件

f:id:iGCN:20180923085121j:plain

さて

アトロクのライブアンドダイレクトのコーナーに出演しているのを聞いて、そのキャッチーでポップでエバーグリーンな60年代調のナンバー()に一目惚れ、ならぬ一聴き惚れしたのがSOLEIL(ソレイユ)さんである。

アトロクで歌っていて私がやられてしまった楽曲が「太陽がいっぱい」という歌だったのだが、あとで気になってネットで調べようと思ったらハマったというのが今日のお話。

続きを読む

2018年ノーベル賞各賞の発表日程と予想

f:id:iGCN:20151004063334j:plain

さて

今年もノーベル賞の発表の季節がやってきました。毎年毎年村上春樹が文学賞の候補に挙げられながら、なかなか受賞に至らないのですが、今年は審査委員の家族のセクハラスキャンダルをきっかけに文学賞の発表がなくなってしまい、その心配もいらないですね。

そこで、気になるノーベル賞各賞の発表日程を調べてみました。

続きを読む

iOS12「ショートカット」アプリで今から帰るメッセージを自動化(ダウンロード可能)【iPhone】

f:id:iGCN:20180921173745j:plain

さて

iOS12の公開に合わせて配信されたiPhone用の新アプリ、「ショートカット」が今話題を呼んでいます。「ショートカット」は簡単なプログラムを組んで様々な作業を自動化することができるアプリです。

Wifiのオンオフだけに利用するのは勿体無いので、今回は頑張って「今から帰る」メッセージ送信を自動化するレシピを組んでみたので、記事で公開させていただきます。

単にメッセージを送るだけではなく、予想帰宅時刻を計算して伝えることができる親切設計になっています。

f:id:iGCN:20180921160014j:plain

続きを読む

『エンジニアの知的生産術』は知的生産に携わる全てのひとにおすすめしたい必読の一冊。

f:id:iGCN:20180824164959j:plain

さて

サイボウズ・ラボの西尾泰和さん(@nishio)の著書『エンジニアの知的生産術』を読んだのでその書評など。

続きを読む

はじめての高校野球観戦(夏):役に立ったグッズベスト5

f:id:iGCN:20180812135943j:plain

さて

友人に誘われて、生まれてはじめて甲子園球場へ夏の高校野球観戦に行ってきました。

おそらく高校野球の歴史に残るであろう名勝負、星稜高校 対 済美高校の試合を目の前で見ることができて感激しました

延長タイブレークの末の逆転満塁サヨナラホームラン(史上初)は、わたしの目の前のポール(写真右に立っている黄色いポールです!)に当たりました。最初何が起きたかわからず呆然としてしまいましたが、場内の歓声とがっくり崩れ落ちる星稜高校ナインを見て試合が終わったことを知ったような次第でした。

続きを読む