2020年ノーベル賞各賞の発表日程と予想

f:id:iGCN:20151004063334j:plain

さて

今年もノーベル賞の発表の季節がやってきました。毎年毎年村上春樹が文学賞の候補に挙げられながら、なかなか受賞に至らないのでファンの皆さんはやきもきしていることと思います。

そこで、気になるwノーベル賞各賞の発表日程を調べてみました。

2020年ノーベル賞発表日程

ノーベル賞の発表日程はノーベル賞の公式サイトにあります。

The prize-awarding institutions have decided to announce their 2020 prize decisions as follows:

PHYSIOLOGY OR MEDICINE – Monday 5 October, 11:30 CEST at the earliest The Nobel Assembly at Karolinska Institutet, Wallenbergsalen, Nobel Forum, Nobels väg 1, Solna http://www.nobelprizemedicine.org nobelforum@nobelprizemedicine.org

PHYSICS – Tuesday 6 October, 11:45 CEST at the earliest The Royal Swedish Academy of Sciences (Kungl. Vetenskapsakademien, KVA), Sessionssalen, Lilla Frescativägen 4A, Stockholm www.kva.se/pressroom eva.nevelius@kva.se

CHEMISTRY – Wednesday 7 October, 11:45 CEST at the earliest The Royal Swedish Academy of Sciences, Sessionssalen, Lilla Frescativägen 4A, Stockholm www.kva.se/pressroom eva.nevelius@kva.se

LITERATURE – Thursday 8 October, 13:00 CEST at the earliest The Swedish Academy (Svenska Akademien), Börssalen, Källargränd 4, Stockholm http://www.svenskaakademien.se/en louise.hedberg@svenskaakademin.se

PEACE – Friday 9 October, 11:00 CEST The Norwegian Nobel Committee, The Norwegian Nobel Institute (Norska Nobelinstitutet), Store Sal, Henrik Ibsens gate 51, Oslo https://www.nobelpeaceprize.org postmaster@nobel.no

THE SVERIGES RIKSBANK PRIZE IN ECONOMIC SCIENCES IN MEMORY OF ALFRED NOBEL – Monday 12 October, 11:45 CEST at the earliest The Royal Swedish Academy of Sciences, Sessionssalen, Lilla Frescativägen 4A, Stockholm www.kva.se/pressroom eva.nevelius@kva.se

ただしこれ、現地時間なのですよね。現地、すなわちスウェーデンの首都ストックホルムとの時差は7時間なので、日本時間に直すと、

2020年ノーベル賞発表日程(日本時間)

生理学・医学賞
日時:10月5日(月)18:30
場所:カロリンスカ研究所

物理学賞
日時:10月6日(火)18:45
場所:スウェーデン王立科学アカデミー

化学賞
日時:10月7日(水)18:45
場所:スウェーデン王立科学アカデミー

文学賞
日時:10月8日(木)20:00
場所:スウェーデンアカデミー

平和賞
日時:10月9日(金)18:00
場所:ノルウェーノーベル委員会

アルフレッド・ノーベル記念経済学スウェーデン国立銀行賞(経済学賞)
日時:10月12日(月)18:45
場所:スウェーデン王立科学アカデミー

となります。

ちょうど夜のニュースの時間と重なるので、日本人が受賞したらみんなでNHKニュースを見ましょう。

ノーベル賞受賞者の予想 by クラリベイト・アナリティクス社

ノーベル賞の予想としては、例年クラリベイト・アナリティクス社が発表している「クラリベイト・アナリティクス引用栄誉賞」(旧:トムソン・ロイター引用栄誉賞)が話題になっています。

同賞は、過去20年以上にわたる学術論文の被引用数に基づいて、各分野の上位0.1パーセントにランクする研究者の中から選ばれる。主なノーベル賞分野における総被引用数とハイインパクト論文(各分野において最も引用されたトップ200論文)の数を調査し、ノーベル委員会が注目すると考えられるカテゴリ(物理学、化学、医学・生理学、経済学)に振り分け、各分野で特に注目すべき研究領域のリーダーと目される候補者が決定される。

科学者にとって、論文が多く引用されると言うことはそれだけ重要な研究成果を挙げているのとイコールです。過去に同賞の受賞者から多くのノーベル賞受賞者が輩出しており、信頼のおける予想だと思われます。

iPS細胞の山中伸弥教授も2010年に同賞を受賞し、2年後の2012年にノーベル医学賞を受賞されていますし、2018年度の医学賞受賞者である本庶佑先生は、やはり2016年にクラリベイト賞を受賞されています。

クラリベイト、2020年の「引用栄誉賞」受賞者を発表

今年度は2人の日本人がこのクラリベイト引用栄誉賞を受賞されました。

医学・生理学賞:中村祐輔先生

公益財団法人がん研究会 がんプレシジョン医療研究センター 所長(日本)
東京大学 名誉教授(日本)
シカゴ大学 名誉教授(米国)

遺伝的多型マーカーの開発とその応用による先駆的な研究とゲノムワイドな関連研究への貢献により、個別化がん治療の先駆けとなったことに対して

ちなみに中村祐輔先生ははてなブログでブログを書かれているので、是非ご一読ください。

yusukenakamura.hatenablog.com

がん消滅 (講談社+α新書)

がん消滅 (講談社+α新書)

  • 作者:中村祐輔
  • 発売日: 2019/09/20
  • メディア: Kindle版

化学賞:藤田誠先生

東京大学大学院 工学系研究科 卓越教授(日本)
自然科学研究機構 分子科学研究所 卓越教授(日本)

自然界に学ぶ自己組織化物質創成と超分子化学への貢献に対して

過去の予想が適中したことも

ちなみに私の予想は2018年度の本庶佑博士のノーベル医学賞受賞を見事に言い当てているので、そこそこ信頼できる(?)と思います。まあ本庶先生が受賞するまで毎年言い続けてきただけというのが真相ですが。

まとめ

ノーベル賞各賞の発表日程をまとめました。

日本人の受賞に期待したいですね。

では


ノーベル賞117年の記録

ノーベル賞117年の記録

  • 発売日: 2017/12/03
  • メディア: 単行本