映画は絶対字幕派だった自分が吹き替え派に鞍替えしたたった1つの理由

さて

映画を観るときに、字幕で観るか吹き替えで観るかというのは映画ファンであれば一度は議論したくなるネタ。最近もはてブ界隈で話題になっていたのは記憶に新しいところ。

こちらは吹き替え派の方の記事↓
potatostudio.hatenablog.com

こちらは字幕派の方の記事↓
hakaiya.hateblo.jp

映画は絶対字幕だと思っていた

かく言う自分は絶対的に「映画は字幕派」であった。

自分が映画を字幕で観たいと思っていた理由は大体以下の通り。

1. 英語の勉強になる
2. 演じている俳優さんの肉声を聞きたい
3. 吹き替え版だと客寄せ目的の芸人の下手な演技を聞かされるリスクがある
4. 日本語に翻訳しきれない英語もある

一つ一つ見ていこう。

1. 英語の勉強になる

映画を一本観ると、2つや3つは新しい単語を学ぶ事が出来る。これは吹き替えでは絶対に得られないメリットだ。

最近だと映画「モンスター」を観て、“dike(レズ)”という単語を学んだ。おそらく一生使う機会はないだろう。

igcn.hateblo.jp

2.演じている俳優さんの肉声を聞きたい

玄田哲章さんのシュワルツェネッガーとか、山田康雄さんのクリント・イーストウッドとか当たり役とされている名吹き替えがあるのも否定はしないけど、声質ってその人の骨格によって規定されるものだから、吹き替えで別人の声が聞こえてくるとどうしても違和感を感じてしまう。

映像と声が完全に一致するのは吹き替え版では絶対に得られないメリットだ。

3. 芸人の下手な演技を聞かされるリスク

芸人吹き替え問題については以前も当ブログで触れた事があるので是非ご一読を。

igcn.hateblo.jp

4. 日本語に翻訳しきれない英語もある

これについては最初のほうで紹介した破壊屋ブログさんの記事が詳しいのでそちらをご一読頂きたい。

自分が経験した一例を紹介すると、何の映画か忘れたけど、殺人事件の現場にやってきた刑事が被害者が同性愛者である事を知って

“Homocide”

というシーンがあった。これに対して

「ホモ殺し」

という日本語字幕が貼られていたけど、これは"Homicide(殺人)"のHomiをHomoに替えた駄洒落なのだ。

吹き替えだとこの駄洒落は絶対に伝わらないし、字幕だけを追っていても分からない。1., 2.とも関係しているけど、一生懸命リスニングしていた結果この駄洒落が分かったときはちょっと嬉しかったな。

1本の映画との出逢いが全てを変えた

ここまで語ってきたように頑なに字幕派であった自分を、しかし1本の映画との出逢いが変えてしまった。

その映画の名は

アウトロー [Blu-ray]

アウトロー [Blu-ray]

トム・クルーズ主演の映画、「アウトロー」だ。

本作はトム・クルーズの、トム・クルーズによる、トム・クルーズのための映画。トム様をいかにカッコよく見せるかを極限まで追求した映画作品である。

簡単にあらすじを紹介しておくと

ペンシルバニア州ピッツバーグで、歩行者達を狙撃ライフルで銃撃するというテロ事件が発生する。容疑者として元アメリカ陸軍のスナイパーが拘束されるが、彼は尋問に一切答えようとしない。
容疑者の要望に基づき、元憲兵隊員のジャック・リーチャー(トム・クルーズ)が呼ばれ、弁護士のヘレン(ロザムンド・パイク)と協力して事件の真相を明らかにすべく調査を開始する・・・

というお話だ。

字幕が全てを台無しにしてしまった

自分はこの映画をDVDで、いつも通り字幕付きで観はじめたのだった。映画自体はとても面白く夢中になって観ていたのだが、事件は映画後半のあるシーンで起こった。

それは、弁護士ヘレンのオフィスでトム・クルーズとロザムンド・パイクが事件の捜査について話しあうというシーン。

百聞は一見に如かずなので、映画のキャプチャ画像をお見せする。

f:id:iGCN:20150915104731p:plain

お分かりいただけるだろうか?

字幕スーパーによって、このシーンで一番大事な部分が隠されているのである!

これも
f:id:iGCN:20150915104737j:plain

これも
f:id:iGCN:20150915104730j:plain

いずれも大事な部分が字幕スーパーで隠れているではないか!

この日、自分は生まれて初めて字幕で映画を観てきた事を呪った。すぐに字幕を消してこのシーンを見直した事は言うまでもあるまい。

ちなみに、字幕なしで観ている方にはこのように見えています。

f:id:iGCN:20150913182802p:plain

f:id:iGCN:20150913182753j:plain

f:id:iGCN:20150913182809j:plain

見よ、この圧倒的な情報量を!

洋画は字幕が絶対だと思っていたけど、字幕によって映画の大事な部分が隠されてしまう事があるとは思いもよらなかった。

ちなみにこのシーン

ちなみに、この映画の原題は"Jack Reacher"(主人公の名前)というのだけど、Googleで「Rosamund Pike Jack Reacher」を検索すると表示される推奨検索ワードが、

f:id:iGCN:20150913182150p:plain

rosamund pike jack reacher hot scene

ロザムンド・パイク アウトロー エロいシーン

となっていて、世界中で男の考える事なんて一緒なんだなと思った。

まとめ

レアケースではあるが、字幕そのものによって映画の画面内の重要な情報が隠されてしまうということがあるのだ。吹き替えであればこのような事は絶対に起こらない。

まあ、そんなこんなで、自分は吹き替えと字幕なら、吹き替えを選びますという話でした。*1

では