読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Noblesse Oblige 2nd by iGCN

湘南生まれ湘南育ちだけどサーファーではありません。しぞーかじん歴4年。最近アラがとれたアラフォーのおっさんです。サザンオールスターズと加山雄三が好きです。でも横山剣さんの方がもっと好きです。

頭の移植手術を計画しているカナベーロ医師について調べてみた

f:id:iGCN:20150627140547j:plain

さて

Yahoo!ニュースでみた、頭の移植手術の件。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20150626-00000062-jnn-intheadlines.yahoo.co.jp

難病に苦しむ30歳のロシア人男性が自分の頭を体から切り離し、 脳死状態になった他人の体と結合する手術を受けると発表しました。

25日に会見したのは脊髄性筋萎縮症を患う男性(30)です。この病気にかかった患者の平均寿命は短く、男性も症状が急激に悪化しています。そこで、イタリア人医師が提唱している自分の頭部と脳死状態となったドナーの身体を結合する手術を受ける決意をしました。

手術中は、頭部とドナーの身体を冷却し、細胞が死なないようにするということですが、100人以上の医療スタッフが必要で手術時間は36時間に及ぶ見通しです。イタリア人医師は、手術費用1500万ドル、およそ18億円を集めていて、2年以内には手術を行いたいとしています。

頭を移植するなんて、クレイジーなことを考えるヤツがいるもんだ。気になったので調べてみた。

続きは、グロ画像を含むので注意してご覧になってください。

患者候補は30歳のロシア人プログラマー

f:id:iGCN:20150627133937j:plain

世界初の頭部移植手術の患者候補になっているのは、30才のロシア人プログラマー、ワレリー・スピリドノフさん。難病の「ウェルドニッヒ・ホフマン病」に侵され、1歳のころから全身の筋肉が動かなくなったとのこと。

http://www.nanbyou.or.jp/entry/135www.nanbyou.or.jp

この病気には有効な治療法がなく、患者の多くは20才までに亡くなってしまうらしい。

計画を主導しているのは、イタリア人の医師

f:id:iGCN:20150627133949j:plain

世界初の人間の頭部移植を行おうとしているのは、イタリア人の医師、セルジオ・カナベーロ(Sergio Canavero)氏。正直に言うと見た目からして胡散臭い雰囲気をぷんぷん漂わせているけど。

TEDでの講演の様子がYouTubeに上がっていたから観たけど、さらに妖しい雰囲気だった。


Human head transplant: Meet the terminally ill man …

自らの計画に、HEAVEN:The head anastomosis venture Project」とか「Gemini」とか厨二病っぽい名前を付けるのでさらに胡散臭さが増強しているんですけど(リンクはカナベーロ医師の論文に貼ってあるので、興味のある方は読んでみてください、自分は読んでません)。

メタルギアソリッド5の宣伝目的という噂も

自分はゲーマーでないから良く知らなかったけど、メタルギアソリッド5にカナベーロ医師をモデルにした人物が出てくると話題になっていたようだ。

jin115.com

  • 左がカナベーロ医師、右がゲームの登場人物

f:id:iGCN:20150627134044j:plain

似てる、と言うよりカナベーロ医師そのものですな。

アメリカ神経整形外科学会でキーノート講演

めちゃくちゃ妖しいカナベーロ医師ですが、6月にアナポリスで開催されたアメリカ神経整形外科学会(AANOS)に招かれ、キーノート講演をしたようだ。学会に呼ばれて講演するくらいだから、少なくともニセ医師ではないのだろうな。

f:id:iGCN:20150627134423p:plain

学会プログラムがインターネットで読めるけど、プログラムの巻頭で学会長がわざわざカナベーロ医師に言及するほどの注目ぶり。

I am extremely pleased and excited that we welcome our Keynote Speaker, Dr. Sergio Canavero from Italy. His research in the area of spinal fusion and its specific application for the first ever head transplant has sparked the imagination of colleagues and the media from around the world.

William E. Mathews, MD, FICS Chair, American Academy of Neurological and Orthopaedic Surgeons

以下翻訳 by 俺

イタリアからセルジオ・カナベーロ医師をキーノート講演者として迎えるのは大変喜ばしく、興奮しています。脊髄固定の領域における彼の研究と、その応用としての世界初の頭部移植手術は世界中の整形外科医とメディアを騒がせています。ドンミスィット!

この講演の模様を観たくて探したけど、流石に見つからなかった。

実験動物レベルではすでに実証済み

f:id:iGCN:20150627134127j:plain

f:id:iGCN:20150309163056j:plain

頭部移植について調べていたたら、National Geographicの以下のページをみつけた。良くまとまっているので一読をお勧めするが、猿や犬のレベルでは頭部移植実験はすでに行われているらしい。ただ、いずれも早い段階で死んでしまうようだけど。

phenomena.nationalgeographic.com

結局、神経を繋ぐことができないから、頭自体は生きていても四肢麻痺の状態になってしまうようだ。犬の実験は、もともとの頭を残しているし。

頭の移植なんてブラックジャックじゃなきゃ無理

f:id:iGCN:20150627134238j:plain

素人が言うことじゃないけど、頭を移植するなんて荒唐無稽過ぎる気がする。

子供の頃良く読んでいた、手塚治虫の「ブラックジャック」には頭(脳)を移植する話があった。

「からだが石に・・・」

と言う話。

あらすじは。

全身の筋肉が石化して行く奇病、進行性化骨性筋炎に冒された少年を救うためイタリアへ赴いたB・J。しかしすでに手遅れで、少年を救うにはべつの体に少年の脳を移植するぐらいしか方法がない。息子のために新品の死体がいると知った、飲んだくれの父親はトラックに飛び乗り、子供たちの中へと飛び込んで行った–。

話の内容が、今回のカナベーロ医師のストーリーとほぼ完全に一致していますが。手塚治虫の先見の明の凄さを感じる。

  • 「からだが石に・・・」を収載

ブラック・ジャック 手塚治虫文庫全集(4)

ブラック・ジャック 手塚治虫文庫全集(4)

もし頭の移植手術が成功したら?

まぁ治療がうまくいって、難病に苦しむスピリドノフさんが元気になれば、それは素晴らしいことだと思うのだけど。

英インディペンデント紙の別の記事にはカナベーロ医師のこんな気になる発言が。

He said that he had received interest from tycoons and other super-rich people who were looking to use the surgery to prolong their lives. Admitting that the aim of the surgery is to allow people to eventually become immortal, he said that he has no problem with objections from churches and others.

以下翻訳 by 俺

「頭の移植手術で寿命を永らえさせようと考えている各界の大物や大富豪達から利子を受け取っている(関心を持たれている?)。この手術の目的は、最終的には永遠の命を手に入れることだ。教会などからの異論は今のところない。」

頭を移植して永遠の命を得るって、発想が恐ろしい。

カナベーロ医師に投資するような倫理観の狂った大金持ちならば、脳死死体を(積極的に)入手するなんて造作なかろうし。まぁ体が若返っても、脳の老衰は避けられないのだろうけど。

もはや話が近未来SFっぽくなってきている。昔読んだSF小説の「オルタードカーボン」みたいだ。

オルタード・カーボン

オルタード・カーボン

まとめ

つい長くなってしまったけど、結論を言えばカナベーロ医師はキワモノだと思う。スピリドノフさんには申し訳ないけど。

最後にブラックジャックのこの名言を貼っておく。

f:id:iGCN:20150627134212p:plain

では