読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mac OSX用Markdownエディタ:MacDownを紹介する

f:id:iGCN:20160214105116p:plain

さて

昨日ははてなブログで使えるMarkdown記法について紹介したが、今日は私が普段から愛用しているMarkdownエディタ(Mac OSX用)を紹介したい。

その名はMacDown

macdown.uranusjr.com


Mac OSX対応フリーMarkdownエディタ

MacDownはその名から推察される通り、Mac OSX用のMarkdownエディタである。オープンソースでフリー。現在の最新ヴァージョンはVer. 0.5.5.1である。

公式サイトの説明を読むと、もともとMac用のMarkdownエディタとして定評のあったMouの開発が休止になった事から、作者が自分用に開発を始めて生まれたソフトのようだ。

ちょうど1年前にブログを毎日更新しようと決意した頃に、折角だからMarkdown記法でブログを書きたいなと思い立ち、Macで使えるエディタを探していた。

Google先生にお尋ねすると、Mouがだいたい紹介されてくるのだけど、フリーソフトを優先的に探していたので無料のMacDownを使い始める事にして、現在に至る。

画面はこんな感じ

f:id:iGCN:20160214105515p:plain

↑がスクリーンショットになる。

左画面にMarkdownを打ち込むと、右画面にリアルタイムでプレビューが表示される。左右の画面のスクロールはsyncする。設定で左右の入れ替えは可能。文書が長くなってくるとプレビューも重くなってくるので、リアルタイムプレビューをオフにする事もできる。

左の編集画面の下端には文字数が表示されるので、ブログ執筆などで文字数を気にする方は是非利用下さい(自分はブログ記事の場合、目安として少なくとも1000文字以上書くようにしている)。

フルスクリーンモードもあるので、執筆に集中したいという人には良いと思う。

よく使うショートカット

f:id:iGCN:20160214105317p:plain

⌘+B:Strong>ボールド
⌘+I:Emphasize>イタリック
⌘+K:Inline Code>インラインコード

⇧+⌘+K:Link>[]()
⇧+⌘+I:Image>![]()

Emojiも使える

f:id:iGCN:20160215092154p:plain

今回の記事を書くに当たり、色々と機能を試しているうちに⌃+⌘+SpaceでEmojiを挿入できることに気付いた😳。今まで使った事なかった😬。

追記:この機能はOSXの標準機能との事です。御指摘頂いた id:Nyoho さん有り難うございました。

Mac OSX用Markdownエディタ:MacDownを紹介する - Noblesse Oblige 2nd by iGCN

その絵文字のショートカットはOS X全般で使えるものですよー

2016/02/16 05:02

はてなブログを書く際のフロー

ここで、自分がMarkdownではてなブログを書く際のフローを紹介しておく。

  1. まずはMacDownでMarkdown記法で記事をどんどん打ち込んでいく。右側画面にプレビューが表示されるのでそれを見ながら。
  2. 記事が完成したら、はてなブログ>ダッシュボード>記事を書く画面に移行し、書いた記事をコピペ。
  3. 画像を+写真を投稿ボタンを使って挿入していく。
  4. はてなブログのプレビュー画面で記事の仕上がりをチェックして、必要があれば適宜文字の強調やフォントサイズ・文字色変更などの装飾を加える。
  5. 完成した記事のコードは、元のMacDownで作成した文書に戻しコピペして保存(ちなみにファイル形式は.md)。

です。

さいごに

自分はギークではないので、日常使っているありきたりの機能しか紹介できなかったけど、飽くまでまだまだ使いこなせていないせいで、おそらくギークの皆様にはもっと使える機能があるのじゃないかと思う。

一度お試し下さい。

では