レゴBRICKLIVE@静岡に行ってきた!

f:id:iGCN:20170904170120j:plain

さて

すでに2週間以上前の話でライブ感がなくて恐縮だが、8月11日〜15日にツインメッセ静岡で開催されたレゴBRICKLIVE®に行ってきたのでそのことについて書くとしよう。

ブリックライブ®とは

ブリックライブ®は、イギリスで多くのレゴ®ファンを動員する人気レゴ®ファンイベントです。この大人気のレゴ®ファンイベント"ブリックライブ®"が、遂に日本に上陸!その人気の理由は、作る・観る・学ぶを通して想像力を刺激し、レゴ®ブロックの楽しみを大きく広げてくれるたくさんのアクティビティです。お子様もご両親も一緒になって楽しめるのはもちろん、レゴ®ブロックが大好きな方や興味がある方も、楽しさとその魅力に触れることができます。ここでしか体験できない様々なビッグスケールのアクティビティを思う存分お楽しみください。

というのが公式サイトの説明文。

要はレゴブロックを実際に作ったり、あるいはレゴビルダーの作品を鑑賞したり、あるいはレゴの作り方の講習があったりと、レゴブロックを様々な方法で楽しもうというイベントなのである。

イギリスで始まったイベントが今年から日本に上陸。第1回は福岡・北九州市で2017年4月1日(土)~5日(水)の5日間開催されたようだが、なんと第2回の巡業(?)が静岡に訪れたので2歳になる娘さんと行ってきたのだ。

ちなみに私と娘さんのレゴ遍歴

自分自身は子供の頃からレゴブロックに親しみ、遊んできた経験がある。ちなみに最後に作ったレゴはレゴテクニックのデストロイヤー・ドロイドである。大学の卒業旅行でヨーロッパを訪れた際に、百貨店で売られていたのをどうしても欲しくなって買って帰ってきたものだ。スーツケースの中でめちゃくちゃスペースをとって大変だったが。

デストロイヤー・ドロイドはスターウォーズエピソード1に登場するドロイド。ボール状態で高速回転しながら移動し、瞬時に展開して攻撃してくるという恐ろしいドロイドである。

レゴテクニックレーベルで2000年に発売された商品だが、ボール状の形状になって前方に放り投げると折りたたまれていた手足が伸びて、攻撃形態になるというギミック付きの製品だった。

一方2歳になる娘さんの方はというと、レゴを作るのはまださすがに難しいが、今はレゴデュプロをハメたり外したりがようやくできるようになってきたかなというところ。ブロック遊び自体は好きなようで、土日休みなどはよく一緒に遊んでいる。

レゴ(LEGO)デュプロ はじめてのデュプロ(R)

レゴ(LEGO)デュプロ はじめてのデュプロ(R)"はじめてセット" 10848

こんな二人のメンバーで行ってきたわけである。

会場はツインメッセ静岡

静岡会場となったのはツインメッセ静岡というイベントホール。毎年静岡ホビーショーが開催される会場と言えば、模型ファンにはお馴染みの所だと思う。静岡駅からはバスで約10分。

入り口で入場料1500円(当日券)を支払い入場。前売券は1200円だったようで、事前に購入しておけばよかったと後悔したのはここだけの話。

会場に入ると場内はレゴブロックファンの老若男女が多数集って熱気プンプンだった。

主なコーナーについて以下に紹介しよう。

BRICKLIVE BUILDERS MUSEUM

一つの目玉がレゴビルダーたちの作品の展示。とにかく大きな作品が目白押しで、製作者の想像力と創造力に驚かされることしきり。

スペースシャトル

f:id:iGCN:20170813105708j:plain

雷門

f:id:iGCN:20170813105901j:plain

f:id:iGCN:20170813105906j:plain

f:id:iGCN:20170813105924j:plain

NEXO KNIGHTS

f:id:iGCN:20170813110422j:plain

f:id:iGCN:20170813111159j:plain

ヨーロッパ風の街並み

f:id:iGCN:20170813110522j:plainf:id:iGCN:20170813110501j:plain
f:id:iGCN:20170813110513j:plainf:id:iGCN:20170813110507j:plain

はてなブログに導入された横並び写真貼り付け機能をテスト。

BRICK AQUA TOWN

f:id:iGCN:20170813110251j:plain

レゴで作られた巨大なジンベイザメが中央に据えられており、その手前に参加者たちがその場で作った海底都市の建造物が並べられているコーナー。

すぐ近くに真っ白いレゴブロックが大量に乗せられた机があって、その周りに参加者たちが集まって熱心にブロックを組み立てていた。20cm四方くらいの台座の上に、思い思いの構造物をつくり、それを係員に渡すと海底都市の一角に飾ってくれる。色が無いぶん、構造を作ることに集中できて面白かった。

f:id:iGCN:20170813111104j:plain

これは一番の力作だなと思った自由の女神像。すごい。

f:id:iGCN:20170813112951j:plain

これは自作の海底都市のお城。シュルレアリスムを意識(?)してみたというのは言い訳。

RACE TRACK

f:id:iGCN:20170813113319j:plain

こちらはレゴブロックで車を作って坂道のコースを走らせて競争するというコーナー。娘さんにはまだ早いので参加せず。

LEGO MINECRAFT

f:id:iGCN:20170813114410j:plain

レゴマインクラフトで木やツリーハウスや要塞などなんでも作って新世界を作ろう!というコーナー。

BRICK PITS

f:id:iGCN:20170813113331j:plain

こちらは四角く区切られたスペースの中に大量の単色のブロックがあって、いわばレゴプール状態になっていて中に入って自由に組み立てられるというコーナー。みなさん思い思いに作っていたが、娘さんはまだブロックを自分で組むには早かったので、パパさんが少し遊んでおしまい。

BRICKLIVEの感想まとめ

そんなこんなで2時間近く目一杯遊んできました。パパさんは大満足。正直娘さんにはまだ早かったかなと思ったけど、案外楽しんでいたようで、「もう帰ろう」と言ったら「もっと遊びたい」と言っておられました。

レゴが自分で組める年齢のお子さんなら十二分に楽しめるイベントだと思う。

今後の開催予定

今後の開催予定は公式サイトによれば以下の通り。

11月23日(木)~26日(日)大阪南港 ATC HALL
大阪府大阪市住之江区南港北2-1-10
開場時間/9:30-16:30(最終入場時間 16:00)
最終日 9:30-16:00(最終入場時間 15:30)

[アトラクション]
BRICK PITS / DUPLO®PITS / RACE TRACK / BUILD MAP LEGO®MINECRAFT / GRAFFITI WALL LEGO®ワークショップ

大阪にお住いのレゴ好きキッズはマストゴーだと思います。

では