アンジェリーナのモンブラン

さて

アンジェリーナのモンブランはうちのツレの大好物品である。自分の知る限りは銀座プランタンにしか店舗がなくて、東京に住んでおったときは時々食べていたのだが静岡へ越してからは食べる機会がなかなかなかった。

一度、自分が仕事で上京するときにお土産でモンブランを6コ買ってきてくれと言われ、わざわざ有楽町まで足を伸ばしてレディースだらけのプランタン銀座に進入してモンブランを買ってきたのであるが、これがやたらと重い。

重いなぁ、重いなぁと思いながら家に帰ってツレに言われた事は、自分が買ってきたのはオリジナルサイズ(パリ本店と同じサイズ)のモンブランであり、ツレが欲しかったのはデミサイズ(日本向けのオリジナルの半分サイズ)だったということ。

道理で重かったわけだと納得したのであったが、大人の握りこぶし大もあるモンブランを6つも買ってしまって途方に暮れてしまった。

と、ここまでが思い出話で、ちょうど静岡伊勢丹で栗菓子フェアをやっていて、アンジェリーナのモンブランも1日200個限定で出店しているから買ってこいと再び指令を受けたのだった。

デパートに開店前から並ぶなんてのは記憶の限りない経験だが、頭の中で売り場見取り図を復習しながら最短経路をとれると思われる入口前に開店5分前から待機し、10時の開店と同時に急いでいる事を悟られない程度の(ウンコ漏れそうな時みたいな)早足で地下の食料品売り場を目指したのであった。

エスカレータを降りてすぐのところにモンブランの売り場があり、自分は無事一番乗りでモンブランをゲットできた。

「すぐ売り切れるから絶対に開店前から並べ」

ってツレから言われいて、そんなわけなかろうと思っていたのだけど、実際に自分の後ろにすぐ5−6人の行列が出来ていたので、あながち嘘でもなかった。売り切れてなかったけど。

というわけで久しぶりに買ってきたアンジェリーナのモンブラン(デミ)を食べている。栗の香りがして美味しい。土台になっているメレンゲのサクサク感もまた楽しからずや。

http://miil.me/p/6gp6t

では