「三宅裕司のワークパラダイス」のおもひで

f:id:iGCN:20151006171634j:plain

さて

今日はブログネタが思い浮かばないので、時には昔の話をしようか。

と言うわけで昔夢中になって見ていたテレビの深夜番組、「三宅裕司のワークパラダイス」について語るとしよう。

「三宅裕司のワークパラダイス」は僕がまだ学生の頃にやっていた番組で、たしか「業界初のお仕事バラエティ」みたいなキャッチフレーズで番宣していたように記憶している。Wikipediaで調べたら、1999年10月4日から2000年3月27日まで、日本テレビ系列で放送されていたとのこと。

この番組の中で異彩を放っていた、と言うかそれだけが楽しみでみていたコーナーが、俳優の生瀬勝久氏が演ずる様々なマニアックな仕事人たちに三宅裕司さんがインタビューするコーナー。

Wikipediaより、登場した仕事人達を抜粋すると、

ウナギぬめり選別士 杉原恭一(すぎはら きょういち)
ヨット数え 関口波男(せきぐち なみお)
ダルマ電話相談室 赤蔵太一(あかくら たいち)
植物弁護士 庭泊明(にわどまり あきら)
錦鯉セラピスト 虹袋墨男(にじぶくろ すみお)
使い込み屋 餅原浩一(もちはら こういち)
失せもの保管業 鈴木群男(すずき むれお)
生活刺激アドバイザー 危山数也(あぶやま かずや)
廃れさせ屋 ○山×男(まるやま ばつお・仮名)
食材意思尊重料理人 散里光俊(ちるさと みつとし)
海外アリバイコーディネーター 茶巡寛次(ちゃめぐり かんじ)
審判ボイストレーナー 汁平聡(しるひら さとし)
ビンテージ人格スタイリスト 棒瀬道男(ぼうせ みちお)
最高写真家 塗根正比古(ぬりね まさひこ)
良心向上委員会 産泉葵(うぶいずみ あおい)
スポーツ発明コンサルタント 渋保久三(しぶほ きゅうぞう)
甲殻類弁護士 庭泊固男(にわどまり かたお)
味覚表現プロデューサー 鰤娘降男(ぶりむすめ ふりお)
クイックセラピー 黒粥妙吉(くろがゆ みょうきち)

などなど。

正直仕事の名前からは仕事の内容が全く想像できないのだが、そこは生瀬さんの妄想力で無理やり乗り切ってしまうと言う勢いのあるコーナーだった。

簡単な設定だけがあってあとは二人のアドリブらしく、三宅裕司の鋭い突っ込みに、しばしば生瀬さんが固まるシーンとかがあって面白かったな。

生瀬さんはあの通り狂人的な雰囲気があって、当時はまだ彼のことを俳優として認知していなかった僕は、初めてこの番組を見た時「こんな珍しい仕事がこの世にはあるのかー」と真に受けてしまったことを覚えている。

個人的に印象深かったのは、「審判ボイストレーナー」という職業で、スリッパを叩きながら「スリッパっぁ!スリッパぁ!」と甲高い奇声を発する生瀬さんが空恐ろしかった(笑)。

また見てみたいなぁと、Youtubeを探してみたが動画がなかった。ニコニコ動画には多数上がっているようだが、ニコ動はちょっと怖いので見に行けない。

一応「審判ボイストレーナー」の動画へのリンクを貼っておくので、興味のある方はご覧下さい。

www.nicovideo.jp

DVDが発売されているようなので、レンタルがあれば借りてまた見直したいな。

三宅裕司のワークパラダイス ~生瀬勝久伝説のひとり不可思議20職~ [DVD]

三宅裕司のワークパラダイス ~生瀬勝久伝説のひとり不可思議20職~ [DVD]

今日はこれだけ。

では

(注:本日の記事は旧ブログサイトからの転載です)