読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女子中学生の顔とフルネームを知る手段をFacebook以外に思いつかない

さて

今日はこちらのニュースにモヤモヤしたので取り上げてみたい。

www3.nhk.or.jp

2年前に行方不明になった埼玉県朝霞市の女子中学生が東京都内で保護された事件で、女子中学生が、連れ去られた日、「男からフルネームで名前を呼ばれて声をかけられた」と話していることが警察への取材で分かりました。

警察は、未成年者誘拐の疑いで身柄を確保した男が事前に生徒の名前を確認し、計画的に準備していた疑いがあるとみて調べています。

寺内樺風容疑者は被害者の女子中学生のフルネームを知っていたとのこと。

寺内容疑者は当時千葉大学の学生、一方の被害者女子中学生は埼玉県朝霞市在住とのことで、普通に考えて日常生活の中で両者に接点があったとは考えにくい。逆に接点があったのなら、もっと早く容疑者逮捕に至っていただろう。

では、両者の接点はどこにあったのか。

女子中学生の顔写真、フルネーム、そして居住地までを知り得る手段を、自分はFacebook以外に思いつかないのだ。

Facebookで被害者のことを知った可能性?

これは自分の邪推に過ぎないが、親族や友人がFacebookに被害者女子中学生の顔が判別できるような写真をアップし、さらに名前をタグ付けするなり、〇〇ちゃんなどとコメントにフルネームを書いたのではないか。

そして、その写真を見た寺内容疑者が誘拐拉致する犯行計画を練って実行に移したのではないだろうか?

これは以前から指摘されていたことだけど、Facebookではプライバシー設定を友人のみ閲覧可能に設定しておかないと、投稿した内容が全世界にダダ漏れになってしまう。

愛する我が子を自慢したい気持ちは分かるが、顔と氏名がセットになって全世界に閲覧可能な状態でアップされるなんて、恐ろしくて自分には到底できない。

たとえ、公開範囲を友人のみに限定していたとしても、その中の誰かが写真を二次公開するリスクも否定できない。その人に悪意が全くなかったとしても、もたらす結果は同じことだ。

一度ネットにアップした情報は決して消去できないというのはネットリテラシの基本中の基本だと思う。

実際、自分は子供の写真は一切Facebookにはアップしていない(当然Twitterしかり、ブログしかり)。

よく子育て系ブログとかで子供の写真を堂々アップしている人がいるけど、真剣にリテラシを疑ってしまう。

さいごに

Facebookに子供の写真はアップしない

公開範囲を友人のみに設定する

ことを強くお勧めしたい。

あなたの愛する家族を守るために。

では

追記: 自宅玄関に置いてあった傘に書かれたフルネームを確認して犯行に及んだとのこと。
だが、この記事に書いたようにSNS運営は注意して行うべきことは変わりない。

寺内容疑者「傘に少女の名前書かれていた」|日テレNEWS24


Facebook Perfect GuideBook 改訂第4版

Facebook Perfect GuideBook 改訂第4版