青葉横丁よしくでおでん三昧

さて

先日の事であるが、静岡市が誇る郷土料理であるしぞーかおでん*1を堪能してきたのでそれについて語るとしよう。

訪れたのはこちら、おでん屋が軒を連ねる青葉横丁の一画にあるよしくというお店。

10人も入ればいっぱいになってしまう手狭な店であるが、同横丁内のお店はどこも似たような感じである。店主の芳久さんが1人で切り盛りしている。

まずはお通しのマグロの山かけ。当然のごとくに旨い。

http://miil.me/p/7o4xk

その後はビールを飲みながらおでんを適当に盛り合わせてもらってひたすら食べた。

http://miil.me/p/7o4xq

http://miil.me/p/7o4xv

途中から日本酒に切り替えたが、さらに何度もおでんをお代わりするもんだから終いには「もう出すものがないよ」と言われてしまったわ。

おでん以外にもアンキモや白子を頂いたけど、どちらも美味しかったな。

http://miil.me/p/7o4y2

おでんは美味しいし、店主の人柄もナイスな感じで、まぁ青葉横丁内のおでん屋の中でも食べログで高評価を得ている理由は分からないでもない。

注:ただし、店主が接客中もぶかぶかタバコを吸うもんで、小一時間も居ると全身にタバコの匂いが薫蒸される。上着についた匂いが数日取れないわ。と言うわけで、嫌煙家の人にはお勧めしません。自分も申し訳ないけど再訪はしないでしょう。

では

よしく

食べログよしく


しずおかおでん 3箱入

しずおかおでん 3箱入

*1:ちなみにしぞーかおでんとは、

ダシを継ぎ足しながら毎日煮込んでいくのが静岡流。富士川から大井川までの比較的広い範囲で、静岡の中部エリアにみられる。牛すじ、ねりもの、卵などおでんの具をすべて串刺しにするのも特徴のひとつ。またイワシやアジの骨ごとすり身“黒はんぺん”は独特の歯ごたえと味わい深さがあることから、必ず食したい逸品。