読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Amazonプライムを1年間 年会費(実質)無料で利用する方法

さて

Amazonプライムを(実質)年会費無料で1年間利用する方法を偶然発見したのでシェアします。急ぐ方は結論へ飛んで読んじゃってください。

そもそもAmazonプライムとは

f:id:iGCN:20150627153938p:plain

そもそもAmazonプライムとはなんじゃろ?

公式サイトから引用すると、

Amazonプライムは、3,900円(税込)の年会費で、お急ぎ便やお届け日時指定便を追加料金なしで無制限に使えるほか、Kindleオーナーライブラリーを利用できる会員制プログラムです。

気になる会員特典は以下の通り

  • お急ぎ便が無料
  • お届け日時指定便が無料
  • 特別取扱商品の取扱手数料が無料
  • 家族と一緒に使い放題
  • Kindleオーナーライブラリーの利用

要はお急ぎ便とお届け日指定便が無料になるってのが肝なのだけど、それぞれの本来の値段は、

  • 当日お急ぎ便:514円(税込)
  • お急ぎ便:360円(税込)
  • お届け日時指定便: 360円(税込)

だから、当日お急ぎ便の場合で言えば、少なくとも8回は利用しないと元が取れない。そんなヘビーユーザーいるのかな?と正直疑問だけど。

Kindleオーナーライブラリーとは

会員特典の最後の「Kindleオーナーライブラリー」、今回初めて知りました。

Kindleオーナー ライブラリーは、数多くの対象タイトルの中から、お好きな本を1か月に1冊、無料で読むことができるサービスです。Kindle端末またはFireタブレットをお持ちで、かつ、 Amazonプライム(無料体験を含む)、Amazon Student、またはAmazonファミリーのいずれかにご登録のお客様であれば、Kindleオーナー ライブラリーを利用できます。

要は好きな本を月に1冊無料で読めるとのこと。ただしKindle端末が必要で、Android用やiOS用のKindleアプリでは利用不可能

自分はKindle端末は持ってないので、この恩恵にはあずかれそうにない。今月末に新しい端末が出ると言うから、買ってみようか?と思ったり。

Kindle Paperwhite (ニューモデル) Wi-Fi 、キャンペーン情報つき

Kindle Paperwhite (ニューモデル) Wi-Fi 、キャンペーン情報つき

Amazonプライムを1年間 年会費(実質)無料で利用する方法

ここからが本題。

偶然発見したAmazonプライムを1年間 年会費(実質)無料で利用する方法とは。

Amazonファミリーに登録する

だ。

え、それだけ?

ええ、それだけです。

Amazonファミリーは、「小さいお子様がいるパパ、ママ、ご家族や妊婦さんを対象とした無料会員サービス」。

その特典として、

  • ベビー用おむつとおしりふきのAmazon定期おトク便が表示価格より15%割引
  • Amazonプライムを30日間無料で利用可能
  • 対象のベビー用品を5,000円以上お買い上げの際に使える3,900円分のクーポンをプレゼント

があり、この3900円のクーポンでAmazonプライムの年会費が賄えるよね、と言うお話。

Amazonファミリーに登録して3900円クーポンをゲット

この3900円のクーポンを貰うには実は条件があり、公式サイトから引用すれば、

Amazonプライム有料会員への移行から約1週間後にアカウントに登録されます。

Amazonファミリーに登録すると同時にAmazonプライムの30日間無料お試し期間が開始するのだが、無料期間が過ぎて有料会員へ移行すると1週間後にはクーポンがゲットできると言うわけだ。

Amazonファミリーへの登録に際しては、子供の名前や生年月日を要求されるけど、名前の欄は空欄(未定)でも大丈夫でした。

Amazonプライム無料お試し期間からの移行に要注意

Amazonプライムはもともと無料体験プログラムが用意されているけど、30日間の無料お試し期間が過ぎると自動的に有料会員に切り替わり、年会費が請求されてしまう。

ちなみに。無料体験ヒャッハーで、うかれてしまってその後解約するのをうっかり忘れてしまう人が多いみたいだけど、Amazonプライムのサービスを利用していなければ、年会費は取り戻せるようだ。

plaza.rakuten.co.jp

今回紹介したようにAmazonファミリー経由でAmazonプライムの有料会員になれば年会費と同額分、3900円のクーポンが貰えるので、実質年会費無料で利用できるというわけだ。

まとめ

以上、「Amazonプライムを1年間 年会費(実質)無料で利用する方法」でした。

既知!って方はごめんなさい。

では