ターミネーターシリーズの四大名台詞を勝手にノミネート

さて

昨日は熱く「ターミネーター: 新起動/ジェニシス」について語ってしまったが、昨日語りきれなかった内容をさらに語るとしよう。

  • 昨日の記事はこちら

igcn.hateblo.jp

ターミネータシリーズと言えば、登場人物たち(特にシュワちゃん型ターミネーター)が発する記憶に残る名台詞がいろいろとある。

今回は個人的に記憶に残る名台詞を勝手にノミネートしたので発表したい。

“I’ll be back.”

f:id:iGCN:20150718110743g:plain

I’ll be back.
また、来る

T1でシュワちゃん型ターミネーターが警察の窓口でこのセリフを発する。その直後にトラックで突っ込んでくると言う衝撃の展開。

自分の記憶が確かならば、玄田哲章さんの吹替えで「また、来る」と翻訳されていた。

ちなみにT5でもシュワちゃん型ターミネーターが"I’ll be back"と言うシーンが用意されているんだけど、字幕が

「アイルビーバック」

になってて失笑した。字幕担当の方、GJ!

“Hasta la vista, baby!”

f:id:iGCN:20150718110756g:plain

Hasta la vista, baby!
地獄で会おうぜベイビー

T2で若き日のジョン・コナーから人間らしい振る舞いを教わる中で、シュワちゃん型ターミネーターが教わる言葉の一つ。

Hasta la vistaってのはスペイン語の単なる別れの挨拶、「また会おう(See you again)」くらいの意味らしいけど、日本語字幕では確か「地獄で会おうぜベイビー」って翻訳されていた記憶が。

これも字幕GJ!の一例。

“Come with me if you wanna live!”

f:id:iGCN:20150718110812g:plain

Come with me if you wanna live!
死にたくなければついてこい!

T1でカイル・リースがサラ・コナーに発したのが語源。その後もシリーズ内で繰り返し語られるセリフであるが、T5では逆にサラ・コナーがカイル・リースに対してこの全く同じセリフを吐くので対比が面白い。

“Old, but not obsolete.”

f:id:iGCN:20150718110835j:plain

Old, but not obsolete.
古いが、ポンコツではない

T5からはこのセリフを取り上げたい。

映画の中で加齢して行くシュワちゃん型ターミネーターが、見た目は古いけどまだ大丈夫だぜってアピールして何度かこのセリフを言うんだ。

Obsoleteって初めて聞いた単語だけど、「時代遅れの、陳腐な、陳腐化した、廃れた」等の意味。

映画のお陰で一つ賢くなったぜ!

アラフォーの自分が使うにはまだ早いけど、アメリカではアラカン(アラウンド還暦)のおっさん達の間で流行語になっているに違いない。

今日はここまで。

では


ターミネーター DVDクアドリロジーBOX(4枚組) 【個数限定商品】

ターミネーター DVDクアドリロジーBOX(4枚組) 【個数限定商品】

ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ 〈シーズン1-2〉コンプリートDVD BOX  Soft Shell(初回限定生産/16枚組)

ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ 〈シーズン1-2〉コンプリートDVD BOX Soft Shell(初回限定生産/16枚組)