読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなブログ記事一本にどれくらい時間かけて書いてるンだろう

f:id:iGCN:20151009221404j:plain

さて

ブログ毎日更新を目標に掲げて着々と記録更新中です。ふと思ったのですが、ブログを書いているブロガーの皆さんは大体一本の記事あたりどれくらい時間をかけて書いているんだろうかと言うこと。

プロブロガーの方はそれが仕事だからいくらでも時間をかけて、質の高い記事を納得いくまで推敲してアップすればいいかもしれないけど、アマチュアのわれわれはそうもいかないですよね。

他の様々な公私の用務を終わらせて、ようやく一息ついた時に記事を書いていると言う方が多いのでは。

自分の場合は短めの記事でも30分、長めの記事だと2−3時間はかけて書いています。これは純粋な執筆の時間で、構想を練る時間はまた別途かかっています。

ブログ記事は大きく2種類、随想タイプとレポートタイプに分かれるのではないかと最近思っています。前者は個人的な思いを散文形式で書いていくタイプで、有名どころではフミコフミオ (id:Delete_All)さんとか、個人的に愛読させて頂いているYoteo (id:yoteo446)さんとか。後者は豊富なエビデンスとデータに基づき、社会問題や経済問題に鋭く切り込んでいくタイプで、代表格はらくからちゃ (id:lacucaracha)さん。

随想タイプは記事が短めになる傾向があるぶん、文章センスが問われると思います。自分自身を振り返ると、どうも文章センスがないせいか随想タイプの記事を書こうとすると面白い記事になりません。

一方でレポートタイプの記事を書こうとすると、文章を構成していくうえで必要なデータを集めたりエビデンスを漁ったりするのに時間はかかるのだけど、その過程も含めてとても楽しく感じます。

高校時代にエビデンスに基づいて議論を構築すると言うトレーニングを徹底的に受けたのが影響しているのだと思います。

実際に、過去に当ブログでバズった記事を振り返ると、全部「レポートタイプ」の記事ですね。記事がバズると嬉しいので、ついついレポートタイプの記事をまた書きたくなってしまい、時間がますますかかってしまうのが現在の悩みではあります。

というわけで、皆さんは記事の執筆にどれくらい時間をかけられているでしょうか?

では

(ネタがない時のブログ論のこの文章は13分で書かれた)