iPhone SEの予約開始時間はなぜ午後4時"1分"なのか

さて

昨日未明に発表されたiPhone SEの予約が3月24日から開始されます。

3大キャリアから予約開始日時についてのアナウンスがあったので、見てみましょうか。

3大キャリアのiPhone SE予約開始時間まとめ

ドコモ

f:id:iGCN:20160322234714j:plain

ドコモは3月24日(木曜)午後4時1分から予約開始とのこと。

ソフトバンク

f:id:iGCN:20160322234747j:plain

ソフトバンクも3月24日午後4時1分から予約開始とのこと。

au

f:id:iGCN:20160322234818j:plain

なんということでしょう!auも3月24日16時01分から予約開始とのこと!

時刻の表記法の違いこそあれ、各社横並びで3月24日(木曜)午後4時1分という中途半端な時刻を設定しています。

午後4時というのは、アップル本社があるカリフォルニア州との時差が16時間であり、アメリカが3月24日になると同時に予約を開始するというので納得なのですが、なぜあえて1分遅らせているのでしょうか。

過去のiPhoneの予約はどうだったのか

ここで、過去のiPhoneモデルが発売された時の予約開始時間をふり返ってみましょう。

iPhone 6/6 plus

iPhone 6/6 plusは2014年9月12日に予約開始、同19日に発売されました。

以下の記事によれば、2014年9月12日16時00分から予約開始になったとのこと。

japanese.engadget.com

iPhone 6s/6s plus

iPhone 6s/6s plusは2015年9月12日に予約開始、同25日に発売されました。

以下の記事によれば、2015年9月12日16時01分から予約開始になったとのこと。

www.gizmodo.jp

つまり、午後4時1分という中途半端な時刻に予約開始されるようになったのは、iPhone 6s/6s plus以降ということが分かりました。

なんとApple watchも!

Apple watchは2015年4月10日に予約開始、同24日に発売されました。

以下の記事によれば、Apple watchの予約開始時刻もまた同じく午後4時1分からだったようです。

www.gizmodo.jp

なぜ午後4時"1分"なのか

では、なぜ切りのいい午後4時に予約を開始せずに、午後4時"1分"と言う中途半端な時刻に予約を開始するのでしょうか。

いくつか仮説を考えてみました。

時刻を敢えてずらすことで印象づける作戦

約束の時間を守らない人に対して、敢えて半端な時刻を設定すると、約束を守ってもらえるというライフハックがあるようです。

時間の約束を守らないカレには、中途半端な時間を告げると約束を守ってくれる|「マイナビウーマン」

中途半端な時刻を設定することで印象に残るという理屈のようです。18時からのテレビニュース番組を17時59分に始めることで視聴率を稼ぐのも似たような理論でしょうか。

iPhoneの予約の場合は、フライングは厳禁(24日の15時59分にはできない)なので、1分遅らせて16時01分を設定したのかもしれません。

Appleのサーバーへの負荷を分散させるため?

これは完全に素人の妄想ですが、世界で完全同時に予約を開始してしまうと、Apple本社のサーバーへのアクセスが殺到してしまい、その負荷を分散させるために日本は1分遅れて予約を始めるように本社からの指示があったのでしょうか。

各キャリアでの予約手続きでApple本社へアクセスする必要があるのかは正直分かりませんがね。

アメリカ本土により多く流通させるため?

これも素人の妄想ですが、日本での予約開始時間を1分遅らせることで、その1分の間により多くアメリカ本土での予約数を稼ごうとしているのではないでしょうか。我ながらnot likelyな仮説ですが。

前項で引用したgizmodoの記事の中でも同じ疑問が呈されていて、gizmodoの記者をもってしても良い仮説は思いつかなかったようです。

さいごに

結局"1分"の謎は解けませんでした。が、午後4時1分という予約開始時間はしっかりと脳裏に刻まれたので、キャリア3社もしくはApple社の策略は大成功といえるでしょう。

予約開始時間の謎について、皆様の仮説もお聞かせ頂ければ幸いです。

では

追記:謎が解けたので記事を書きました。
igcn.hateblo.jp


関連記事:

igcn.hateblo.jp