ひとり飲みに #ちょうどいいお店 酒楽食楽@静岡市常葉町

f:id:iGCN:20180801214300j:plain

さて

毎日毎日こう暑くてはたまらないと、妻が子供を連れて避暑という名目で実家へ帰ってしまった(平均気温は明らかに静岡市よりも高い土地である)。

一人残されて寂しさを募らせる日々。

そんな心の隙間を癒すべく向かったのが静岡市は常葉町にあるこちらのお店。

酒楽食楽

酒楽食楽

アクセスなど

お店があるのは静岡市北口から徒歩7分くらいの場所。静岡駅から行く場合は呉服町通りを行って呉服町交差点を左折して江川町通りを直進。昭和町の交差点をすぎてさらに2分ほど歩いたところだ。

カウンター7席のこじんまりとした店。店主一人で切り盛りしているので、目が行き届く調度よい席数と言うことだろう。いつも一人でふらっと訪れる。満席の時もあるが、そんな時は他所でしばらく時間を潰してから舞い戻る事にしている。

f:id:iGCN:20180801200553j:plain

お酒はビール、日本酒、焼酎、ワインと一通り揃っており、特にワインにはこだわりを持ってセレクトされている。

料理は洋食がベースだが、和の味付けの品もあり選ぶのに毎回迷う。その時その時で飲んでいる酒に合いそうなつまみを頼むのだが、初めて行く場合は店主に素直にオススメを聞くのが間違いないだろう。

まずはビール&お通し

f:id:iGCN:20180801193759j:plain

まずは何と言っても水分補給のために(?)ビールを一杯。キンキンに冷えたグラスに注がれた生ビールは最高。

f:id:iGCN:20180801193941j:plain

お通しは冬瓜とトマト。

今が旬の冬瓜だが、夏に食べるのに「冬」瓜とはこれいかに。なんてことはおいといてウマウマ。

かつをのたたき

f:id:iGCN:20180801195122j:plain

この日のお勧めがこちらのかつをのたたき。すりおろしニンニクと一緒にいただく。

いい感じに炙られたかつをは脂がのってウマウマであった。

f:id:iGCN:20180801195132j:plain

店主曰く、焼津の漁港がカツオの水揚げが日本一とのこと。地元民なのに知らなかったわ。ついでに言っておくと、清水の漁港はマグロの水揚げが日本一である。

ドブロクっぽい仕立て 森本酒造

f:id:iGCN:20180801195933j:plain

ビールは1杯にして、2杯目は地元静岡の酒蔵森本酒造のこちらのお酒を。

濁り酒っぽい仕上がりでマイウーでしたわ。

アボカドのしょうゆこうじがけ

f:id:iGCN:20180801200814j:plain

2品目はアボカドのしょうゆこうじがけ。アボガドじゃないよ、アボカド。

アボカドのねっとりとした脂っこさを醤油麹がうまいこと中和していて、大トロの刺身を食べるかのような濃厚な旨味。

マイウー。

桜えびのアヒージョ

f:id:iGCN:20180801204408j:plain

3品目、桜えびのアヒージョ。

桜エビはご存知駿河湾の名産品なのである。かき揚げにして食べることが多いと思われる。ちなみに東京とかのちょっと気の利いた居酒屋で「桜えびのかき揚げ」を頼むと玉ねぎとかのつなぎが7割、桜えび3割と言った具合で桜えび成分がほとんどなくてがっかりするけど、静岡で桜エビのかき揚げを頼むと9割5分くらい桜えびです。

閑話休題

こちらの一品はそんな桜えびちゃんを贅沢にアヒージョに仕上げました。グツグツ煮えたぎる油の中で桜えびちゃんが舞踊っております。付け合わせのバゲットと一緒に食べると激ウマであります。熱々なので口の中をヤケドしました。ヤケドも厭わずバクバク食べました。

チーズオムレツ

f:id:iGCN:20180801211344j:plain

4品目、チーズオムレツで本日の〆にしましょう。チーズの塩味がいい塩梅に効いていてウマウマであります。

メロンシャーベット

f:id:iGCN:20180801213558j:plain

最後は特製のメロンシャーベットをデザートに。少し果肉が残っていてちょうどいい仕上がり。

さいごに

お酒も各種揃っているし、つまみも美味しいしで一人飲みにふらっと訪れるには #ちょうどいいお店

では

「メシコレ」公式ブロググループ
Sponsored by ぐるなび(メシコレ)


写真は全てこちらのカメラを使って撮っています。JPEG撮って出しです(言いたかっただけ)。